今やインターネットは現代人にとって欠かすことのできない存在で、電話やテレビと同じかそれ以上に重要なインフラのひとつです。

一人暮らしで家に滞在している時間が短い方であればモバイルWi-Fiルーターを利用すると便利ですが、一般家庭であれば固定回線を設置した方が快適にインターネットに接続することができて費用面でもお得です。

インターネットの固定回線は既存の電話回線を利用するADSL方式と、電話回線とは全く異なる光回線を新たに設置する方法から選択をすることができます。

電話回線を利用する方式だと電話局から距離が離れると通信速度が遅くなってしまうので、快適にインターネットに接続したい方は光回線を設置した方が良いでしょう。

インターネットに接続するためには回線とプロバイダの両方と契約を結ぶ必要があります。

プロバイダとはIPアドレスを割り振るサービスを提供する会社のことで、電話であれば電話番号に相当するものです。

一般的に家庭でインターネットに接続する場合には1個のIPアドレスが割り振られます。

屋内に設置されたルーターが仮想的に複数のIPアドレスを割り振ることで、自宅内で複数の端末が個別にインターネットに接続することができるようになります。

地域ごとに違いがありますが、大抵の場合は家庭用の光回線を設置する際に複数の会社の中から自由に選ぶことができます。

光回線の業者も様々

NTT系の会社の他にも、電力会社や携帯電話会社系の光回線があります。

地方ではその地域限定の光回線も選べる場合がありますが、大都市圏を含めてほとんどの地域ではフレッツ光・auひかり・ソフトバンク光などの主要電話会社の光回線の会社の中から自由に選択することができます。

昔はNTTなどの回線を提供する会社とプロバイダを別々に契約を結ぶ必要がありましたが、最近は光回線とプロバイダのサービスがセットになった光コラボを選択することも可能です。

光コラボサービスを提供している会社の中には携帯電話会社も含まれていて、携帯電話と併用することで各種の割引特典が受けられる場合があります。

光回線を設置する場合には、利用している携帯電話に合わせた光コラボを選択するとかなりお得です。

最近は通信業界同士の競争が激化しており、特に携帯電話会社が光コラボのサービスに力を入れています。

そのため使用する携帯電話と光回線サービスを上手に組み合わせることで、インターネットと携帯電話回線の利用料金をかなり安く抑えることができます。

光コラボでスマートフォンと一緒に利用すると、無線LANルーターが無料でレンタルできるサービスを実施している携帯電話の光コラボサービスもあります。

フレッツ光と光コラボを知る!

インターネットの光回線と携帯電話の通信料金を節約するためには、通信業界についてを知ることが必要です。

主要な携帯電話会社は光回線とセットで割引サービスを実施していますが、仕組みについてを理解しておく必要があります。

携帯電話との光コラボを実施している主要な会社はNTT系のフレッツ光・auひかり・ソフトバンク光の3社があります。

フレッツ光はNTTドコモと光コラボのサービスを実施していて、ドコモ光を利用する場合には同じ系列会社であるフレッツ光の回線を利用することになります。

auの携帯電話が割引になる光コラボサービスに契約をすると、auひかりの光回線を利用します。

ソフトバンクについても同じように、ソフトバンク光の回線を使用します。

インターネットの光回線を設置する際に利用している携帯電話会社のプロバイダが提供する光コラボを選択することで、携帯電話回線の通信料を安くすることができます。

フレッツ光ではNTTドコモとの光コラボサービス(ドコモ光)を提供しています。

例えばドコモ光を利用すると、家族全員のNTTドコモの携帯電話料金が安くなり、スマートフォンのデータ通信量が1回線あたり月額500円~1600円も割引になります。

ちなみに固定電話も料金が安い光回線を利用することができるので、毎月の基本料金や通話料金も安くなります。

ちなみに同じ光回線を利用する固定電話同士で通話する場合には、通話料金が無料になるケースもあります。

光回線であれば国際電話も格安料金で通話ができます。

実はNTTドコモ以外にも、NTTの通信網を使用する格安SIMでNTTのフレッツ光回線との光コラボサービスが提供されているケースがあります。

インターネットプロバイダ系の格安SIMを利用する場合であれば、月額200円~1,000円の範囲で光コラボのセット割引が適用されるケースがあります。

格安スマホ・SIMを利用する場合でも、インターネットの光回線を上手に選ぶことで通信費用を節約することができます。

新たに光回線を設置する場合には2万円前後の工事費用を支払わなければなりません。

もしも以前にフレッツ光回線と別のプロバイダを組み合わせて利用していた方であれば、NTTドコモやNTTの通信網を利用する携帯電話会社(MVNO)の光コラボと契約を結ぶ場合に新たに光回線の設備を設置する必要がありません。

そのため回線はそのままで、3千円程度の事務手数料を支払うだけで簡単に携帯電話の光コラボサービスに変更することができます。